棟梁の気ままな落書き♪

愛機:OM-D E-M1で出会った瞬間を写真に。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by 棟梁 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリック('-'*)ヨロシク♪

The Wave? カッパドキア? 奈良県にもあった! その名は

Posted by 棟梁 on   4 comments   0 trackback

こんちゃー^^


棟梁です。


梅雨は如何お過ごしでしょうか?
私は引き籠ってます。 紫陽花ちか撮りに行きたいのですが、どうもね^^;


みなさん! 特に奈良県在住の皆さん!

知ってましたか?

奈良県にこんな名所がある事を!

The Waveは言い過ぎか。

カッパドキアとはスケール感が、、、

でも自然が作り出したこの光景は圧巻。

その名も屯鶴峯!! どんづるぼう!

私は名前だけは知っていましたが、先のGWに行く事が出来ました。

ココはネットなんかで調べると心霊スポットとして有名で、その為に訪れる事が遠のいていました。

大戦中の防空壕なんかが残っているらしくYouTubeなんかで動画を見る事も可能ですので
興味があればそちらを調べてみて下さい。。

さて今回は意を決してココを訪れた訳ですが、どの様な物語が待っているのでしょうか?

20160619174718446.jpeg
国道沿いに数台停める事が出来る駐車場を完備しています。
ココから徒歩3分で入口に行く事が出来るので便利な名所ですね。



20160619174720f7f.jpeg
この階段を上るとそこは奇勝屯鶴峯です。
この日は晴天で気持ち良い撮影ができそうな予感♪



2016061917474968d.jpeg
階段の脇にはこの様な説明が。



20160619174721e3c.jpeg
この日も広角ズームレンズ9mm-18mmを使用です。
と言うか、広角が気持ち良いであろう場所を選んだのでこの屯鶴峯に来たのですが^^
階段を上って1分でこの景色が飛び込んできます。



201606191747216bd.jpeg
白銀の世界か! 真っ白い岩肌と緑の山肌、晴天の青い空。
面白い光景ですね。
私以外の観光者は数グループだけで静かな場所なので撮影に専念できます。
地面、岩肌は割と脆い場所もありスニーカーは必須です。



20160619174722685.jpeg
心霊的な事は全く感じませんでした。
むしろここ数年で訪れた場所の中ではベスト3に入るくらい私のツボにハマる場所です。



20160619174751159.jpeg
時にはこの様な足場を歩いて行きます。
男の子には冒険心を擽られる場所ではないでしょうか?
1枚目の写真に写っているほぼ全ての場所へ歩いて行けるらしく、
色んなルートを探すのも楽しいかも知れませんね♪

次回も私のお気に入りスポット屯鶴峯です。


クリック('-'*)ヨロシク♪

スポンサーサイト

曽爾高原で望遠レンズ

Posted by 棟梁 on   4 comments   0 trackback

こんちゃ^^

棟梁です。


今日と明日は休みです。 天気はイマイチ・・・
家に居ます^^;


前回に続き曽爾高原。
9-18mm広角ズームレンズと40-150mm望遠ズームレンズに1.4×テレコン付けてを持って行ったのですが、
望遠はあまり使いませんでしたね。


20160604140221640.jpeg
こちらが登れる場所の最上部からの写真。 これは広角です。
ここから望遠レンズに付け替え引き寄せて取った写真が下の4枚です。



2016060414022218c.jpeg
正面の山。



20160604140223516.jpeg
左の尾根を下る家族かな? 小さなお子さんがここを下りますか!



20160604140224ba5.jpeg
上の写真には写っていませんが右の方にあった山間部の集落。



20160604140226786.jpeg
正面下の休憩スペース。

広角写真からの比較だと良く引き寄せてますねー
広角が好きになりましたが、望遠も楽しいですね♪

クリック('-'*)ヨロシク♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。